もっちりサクサク食感がクセになる!業務スーパーの油条(中国風揚げパン)のオススメアレンジ6選

ちなん
ちなん

こんにちは!カルディと業務スーパーの商品のアレンジ料理が好きなちなんです

寒いと温かい料理が食べたくなりますよね!温かい料理と言えばスープですが、かつて台湾で食べた『シェントウジャン』というアツアツの豆乳スープを思い出します。

台湾のシェントウジャン
台湾で食べたシェントウジャン。たっぷりなのに激安ですごく美味しかった。

台湾のメジャーな朝食で、豆乳にお酢を入れることでおぼろ豆腐のようなフワフワの食感が味わえます。そして濃厚で優しい豆乳の味を感じながらも、小海老や葱、ザーサイなどの薬味がきいていて病みつきになる美味しいスープなのです!

そして写真でスープに油揚げのようなものが浮かんでいますが、これはシェントウジャンに必ずトッピングされている揚げパンで、これがまた美味しいのです!
最初はサクサク感を楽しめて、後半はスープを吸ったジュワッとした食感がたまらないのです。

ちなん
ちなん

豆乳スープのフワフワ食感と優しい甘さとも相性抜群で美味しかったのよ〜

お家でもシェントウジャンを作ってみたかったのですがあの揚げパンが無いとな…と思っていたら業務スーパーで発見しました。

油条

『油条(ヨウティアオ)』という食材で、日本だと中々聞かない響きです。『外はサクサク!中はもちもち!』と何とも心惹かれるワードが書いてあり、サクもちは間違いなく美味しい食感ですよね。

油条(ヨウティアオ)とはどんな食材?

拡大した油条

ますは袋に記載されている説明文をチェックします。

中国ではお粥や豆乳の添え物ととして人気の揚げパンです。スープにつけても!一口サイズに切ってサラダや中華粥に入れても!簡単調理でアレンジ自由!

お粥や豆乳のトッピングとして食べられるのは知っていましたが、サラダのトッピングとして使っても合うそうです。クルトンのようなサクサク食感が味わえるのでしょうか。

油条の原材料

原材料を確認します。

小麦粉、卵、植物油脂、食塩、酵母/膨張剤

味付けも食塩のみなので、味もとてもシンプルそうです。

油条の栄養成分表示

親切なことに1本あたりの栄養成分表示が記載されていました。

エネルギー:150kcal/たんぱく質:3.6g/脂質:3.7g/炭水化物:25.6g/食塩相当量:0.4g

内容量が300gで6本入りなので1本約50gと重量は軽いのですが、カロリーは1本で150kcalとしっかりあるので食べ過ぎは注意です。揚げパンですが脂質は意外と低めです。

袋から出した油条
15センチほどの長さで、中心に向かって4箇所凹んでいるちょっと変わった形状です。台湾で食べた時はスライスされていたのでこんな形とは知りませんでした。
触るとパイ生地のような感触で、揚げ調理済なのでしっとりとした油感があります。

揚げ調理かオーブントースターで調理ができますが、カロリーカットと手軽に調理をしたいためオーブントースターを使用します。

オーブントースターの場合
①凍ったままの本品をオーブントースターで約3分間加熱する
②加熱後そのまま1分おいてから食べる。

焼いた油条

記載の通りに加熱するとほんのり焦げ目がつきました。加熱してもサイズ感は変わらずです。

半分に切った油条

切るとサクサクっとした感触でパイ生地のような層が重なっています。斜めに切るとアルファベットのHのような変わった形をしています。

まずはそのまま食べてみるとホロっとサクサクとした食感で、揚げてあるためほんのり揚げ油の風味がします。味はほんのり塩気があるくらいで、シンプルな小麦の味を感じられます。

そしてサクサクとした食感がメインですが、噛んでいくうちにモチモチ感が出てきてクセになる食感です。そのまま食べるというより、何かしら手を加えて本領発揮しそうな食材です。

ちなん
ちなん

ホロホロ・サクサク・モチっと食感がクセになる感じ

シェントウジャン(台湾の豆乳スープ)を作ってみる

レシピはクックパッドの4261747を参考に無調整豆乳・お酢・胡麻油・醤油・ねぎ・干しエビ・油条にザーサイをプラスして作りました。そこへスライスしてトースター調理をした揚げパンをのせて、ラー油をかけて完成です。

油条をのせた豆乳スープ

具材がたっぷりで美味しそうなシェントウジャンです。

揚げパンを食べるとスープが染み込んでホロホロ・プルプルとモチモチの2つの食感が味わえます!そして優しい味の豆乳スープが染み込んだ揚げパンがめちゃうまです。

拡大した豆乳スープ

ザーサイのコリコリとした食感と小エビの風味がアクセントになって、どんどん食べられてしまいます!
揚げパンがふやけるとボリューム感が出て、朝食にはもちろん食欲がない時にも食べたくなります。こんなスープが毎朝出てきたら幸せすぎますね…!

おかず系にアレンジ

サラダにトッピング
カリカリに焼いた揚げパンを野菜サラダにトッピングしました。野菜だけだと少し寂しかったサラダも一気にボリュームアップして豪華に見えます。

油条をのせたサラダ

揚げパンのサクサク感が生野菜サラダのアクセントになって、クルトンより存在感があるので食べ応えがあります。

明太フランス風
子レンジで軽く解凍した揚げパンを縦半分に切って明太マヨをたっぷり塗ります。
そして焦げ目がつくまでトースターで焼き、刻み海苔をトッピングすると見た目は完全に明太フランスです。

明太マヨ油条

フランスパンだと口の中が切れてしまそうなくらい固い時がありますが、揚げパンだとサックサク食感なので柔らかくて食べやすいです。明太マヨとの相性もバッチリで、細いスティック状なので食べやすいもの嬉しいポイントです。

ちなん
ちなん

これ、めっちゃ好き!細くて食べやすいし、明太マヨと油条の相性良すぎる

オニオングラタンスープ
こちらもフランスパンの代わりに揚げパンを使いました。飴色に炒めた玉ねぎでコンソメスープを作り、焼いた揚げパンと好きなだけのチーズをかけて、トースターでチーズが溶けるまで加熱して完成です。

油条のオニオングラタンスープ

スープに浸っていない部分はサクサク、浸った部分はシュワシュワと口溶けの良くて違った食感を楽しめます。揚げパン自体がシンプルな味なので、洋風の味付けにもピッタリでとても使いやすいです。

スイーツ系アレンジ

ラスク風
半分に切った揚げパンにバターと砂糖をかけ、焦げ目がつくまでトースターで焼いたらラスク風の完成です。

拡大した油条のラスク

パイ生地のように軽くてサクサクした食感が、フランスパンや食パンで作るラスクとは違って新鮮です。しっかりバターが染み込んで、普通に売れるのではと思うくらい美味しい新感覚ラスクです。

フレンチトースト風
卵・牛乳・砂糖で作った卵液に半分に切った油条を30分ほど染み込ませて、バターをひいたフライパンで焼いたらフレンチトースト風の完成です。

拡大した油条のフレンチトースト

たっぷり卵液を吸うので、かなり柔らかいためフライパンで焼くときは崩さないように注意です。

卵液を吸った揚げパンがジュワッと柔らかいのですが、中はもっちり食感が味わえてとても美味しいです!このもっちりとした食感は、いつもの食パンやフランスパンでは味わったことがなくてクセになります。

油条(ヨウティアオ)のまとめ

油条(ヨウティアオ)の良い点

パイ生地のような食感
シンプルな小麦の味
フランスパンのように使える
フレンチトーストは絶品

サラダやスープのトッピングにももちろんピッタリだったのですが、フランスパンのように使ったアレンジレシピがオススメです。
特にフレンチトーストが絶品で、柔らかいのにもっちりとした食感がとても美味しかったです。サクサクなのにもっちり食感がクセになってしまうと思います。

油条(ヨウティアオ)のうーんな点

揚げパンなのでカロリーは高め

サクサクと軽い食感なのでついつい食べてしまいそうですが、一本で約150kcalとカロリーはしっかり高めなので食べ過ぎには注意です。

 

見てくださってありがとうございました。

日本ブログ村&人気ブログランキングに参加中です。 ポチッとしてくれると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました