寒くても固まらない!便利な業スーの『クリームはちみつ』のアレンジレシピ

ちなん
ちなん

こんにちは!カルディ&業務スーパーの商品のアレンジ料理が好きなちなんです

はちみつって家に常備してありますか?自然な甘さと粘りがトーストやヨーグルト、ドレッシングや料理と色々使い勝手良くて常備してあると便利な食材ですが、ひとつ難点があります。

そう、冬になると固まってしまうことです!はちみつを使おうと思ったときにカッチコチに固まっていて容器を力一杯握っても出てこない…とても絶望しませんか?

60〜70度のお湯にしばらく浸けると液体に戻すことができますが、しっかり溶かすには20分ほどかかります。そして元のはちみつに戻った!と思ったら寒いとまた固まるのです。

ちなん
ちなん

この固まる→溶かす→固まる…この無限ループが時間の無い主婦にはほんとツラいです

寒くなったらはちみつを買うのは禁止だな…と思っていたら、その悩みを吹き飛ばしてくれるものを発見しました。『クリームはちみつ』という商品です。

『クリームはちみつ』…初めて聞く商品で、瓶に入っているせいかちょっと高級感がありますね。
見た目はいつも使っているはちみつより白っぽくて、瓶を逆さにしてもトロッとした感じがなくジャムのようです。

クリームはちみつとはどんな商品?

まずは容器に記載されている説明文をチェックしてみると。

はちみつをなめらかな舌触りに仕上げました。固まりにくく、クリーム状で使いやすいです。

『固まらない』とは断言していませんが、『固まりにくい』と書いてあります!また『はちみつをなめらかな舌触りに仕上げました』としか書いてなく、どうやってクリーム状にしているのかは謎ですね…。

そしてもうひとつ気になる点があります。はちみつの他に何かしら食材や調味料が混ざっているのではないかという点です。固まりにくくするために色々と添加されていたらちょっと嫌ですよね…。なので原材料をチェックします。

嬉しいことにはちみつ100%です!何も添加してないのにはちみつをクリーム状に加工できるのは不思議に感じます…!

そもそもなぜ寒いとはちみつが固まってしまうのでしょうか。その現象のことを『結晶化』と言うのですが、結晶化がなぜが起きるのかWikipediaで調べてみました。
簡単にまとめるとはちみつに含まれる『グルコース(ブドウ糖)』という糖分の性質で、5〜14℃の温度帯で結晶化しやすいとのことでした。

また『クリームはちみつ 作り方』で検索して表示されたサイトによると

自然に結晶化したはちみつは粒が大きくてザラザラしていますが、適切な手順と温度管理によって、ものすごく小さな結晶体を作ることができるのです。
つまり、クリームはちみつはものすごく小さな結晶体が集まりクリーム状になった『結晶化はちみつ』です。

このクリームはちみつが上記に完全に当てはまるかは分かりませんが、おそらく結晶化しやすいグルコース(ブドウ糖)を加工してクリーム状にしていると思われます。あえて結晶化させてなめらかな口触りのはちみつになるわけですね!

ちなん
ちなん

普通のはちみつより手間がかかって大変そう!

クリームはちみつを味見

そしてクリームはちみつが実際どんなテクスチャーなのか気になります!開けるとフワッとはちみつの濃厚な香りが!見た感じだといつものはちみつよりかなり固そうに見えます。

思ったより柔らかくて、トロリとしてすくいやすいです。そして粘りがしっかりありいつものはちみつとは全然違う感触です!

味見すると、もちろん甘いですがスッとした甘さです!初めははちみつの濃厚な甘さを感じましたが、後味がサッパリしていて口に残る感じが無いです。そしてクセがなくて食べやすくて、ついついもう一口食べてしまうそうな美味しさです。

食感はザラザラ感は全く無くてなめらかで口溶けが良くて水飴に似ています。確かにクリーム食感です!

ちなん
ちなん

いつものはちみつよりクセが無くて食べやすい!甘さもサッパリ

固まらないか検証

クリームはちみつは本当に固まらないのか検証してみたいと思います。今は寒くため、1番固まりやすい温度帯である冷蔵庫の野菜室に入れて放置してみます。

丸一日野菜室で放置したクリームはちみつです。早速バターナイフを刺してみると、表面が先ほどより固く感じたので『あれ、まさか固くなっちゃったかな』と思いましたが、すくってみると先ほどの感触と全く変わりませんでした。

食べてみてもひんやり冷たいだけで滑らかな食感のままです。本当に固まらないとは…!これなら今年の冬が乗り切れそうです。

クリームはちみつのアレンジ

バタートーストにたっぷり塗る
まずはちみつと言えばトーストですよね!さらに相性の良いバターも塗ったトーストにたっぷり塗ります。

はちみつとバター、最高の組み合わせです!クリームはちみつがスッキリとした甘さなのでたっぷり塗っても全然くどくないです。バターのまろやかさと塩気とすごく合います。

そしてクリーム状なので塗っても垂れなくてとても食べやすいです!ジャムのようにスイスイ塗れるので容器から無理やり絞り出したりしなくても良いものラクですね。

トーストとクリームチーズ

こちらも最強コンビです!見た目も黄色が濃くて美味しそうに見えますね。そして垂れないというだけでこんなに食べやすいとはビックリです。調子に乗ってたっぷり塗ってしまいそうで危険ですね…。

ヨーグルトとナッツ

クリームはちみつをヨーグルトにしっかり混ぜて食べても美味しいですが、あえてはちみつの固まりを残して食べるものオススメです。クリームはちみつのもっちりとした食感がアクセントになって美味しいです。いつものはちみつでは味わえない食感です。

白玉団子ときな粉

白玉団子にきな粉と言えば黒蜜をかけたくなりますが、はちみつをかけても美味しいのです!クリームはちみつはスッキリとした甘さなので、きな粉の風味や香ばしさを邪魔せずに引き立てています。モチモチな白玉団子ともよく絡んで美味しいです。

パンケーキにトッピング

はちみつと言えばパンケーキですね!いつものはちみつだとすぐにパンケーキに染みこんでしまうので何度もはちみつをかけてしまいます。でもクリームはちみつだと染み込まず伸ばしながら食べられるので、追いはちみつしなくても甘くて美味しいパンケーキを味わうことができました。

鶏肉のハニーマスタード焼き
スイーツ系だけでなく料理にもクリームはちみつを使ってみます。クリームはちみつ・粒マスタード・醤油・料理酒・おろしにんにくで合わせ調味料を作って、一口大に切った鶏肉を半日ほど漬け込みフライパンで焼いたら完成です。


ちゃんと他の調味料と混ざりましたがいつものはちみつより時間がかかったので、クリームはちみつを少し電子レンジで加熱したらスッと混ぜることができたのでオススメです。

はちみつで照りが出るので見た目から食欲をそそられますね。マスタードの酸味とはちみつの甘さが良いバランスで、ニンニクも入っているのでご飯がモリモリ進む味です。

クリームハチミツのまとめ

クリームはちみつの良い点

寒くても固まらない
スッキリとした甘さ
垂れないので塗りやすい

冬になるとはちみつが固まることをとても恐れていましたが、クリームはちみつなら全く怖くありません!

固まらないだけでなく、スッキリとしたクセのない味&垂れなくて塗りやすい点もとても気に入りました。今までのはちみつと全く違う感触なので、トーストに塗るとビックリすると思いますよ。

 

見てくださってありがとうございました。

日本ブログ村&人気ブログランキングに参加中です。 ポチッとしてくれると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました